TOM EVERHART スヌーピーを描くアーティスト

小学生のときから、自分には絵を描く才能がないことに気づき、
ほんとうに美術の時間が嫌いでした。


そこから、美術、アートという言葉にはほとんど興味がないのですが、


このTOM EVERHARTさんが描くスヌーピーが大好きすぎるのです。
世界で唯一自由にスヌーピーを描くことを許された方です。


小学生のとき、誕生日プレゼントとして父親に買ってもらった
2000ピースのパズルはこのTOMさんが描いたとても暖かい絵でした。





いつかお金持ちになったら、一つ絵を買って家に飾りたいな~。。。



以上





Mittelalterfest at Hainburg 

今日はオーストリアの東に位置する村ハインブルグに行ってきました。
ウィーンから電車で約1時間ほどで到着します。
Mittelalterfest というお祭りが今日、明日と行われています。
入場料は大人一人7ユーロ(一日分)。
みなさん昔の衣装を着てこのお祭りを楽しんでいました。


このお祭りでみんなが楽しみにしていたのは、騎士たちによる本気の戦いです。
初めて目の前で見た戦いは、恐ろしかったです。
騎士たちが着ている服はとても重く、そして暑く、バテバテの様子がうかがえました。

詳しいことは下記のホームページより。


お祭りだけ楽しむ予定でしたが、そんなに高くない山の上にお城が見えたので、
行って見ようと、祭りを一旦抜けて、ハイキング。


そこからの景色がまたとてもきれいでした。


以上



カナダからのクラスメイトに圧倒される

ドイツ語クラスでひときわ元気のよいカナディアンの女の子。
一番若い。
一番若いのに、クラスの雰囲気を良くしてくれているし、
休みの人には自分のノートをカメラで撮って送ってくれたり、
プリントを預かっていてくれます。
そして、ダンスや歌を特技としているもんで、休憩中に突然歌いだしたり。笑


すごい世界感だと最初から感じていましたが、
フレンドリーさもフットワークの軽さもはんぱないのです。
初日に教材を買わなくてはいけないことを知らなかった私を、
本屋さんまで連れて行ってくれたり、
突然、ロンドンやブダペストに一緒に行かない?と誘ってくれたり、
今週の木曜日(オーストリアは祝日でした。)
の夜に私のカナダ人の友達がウィーンに来るから、
一緒に飲まない?と誘ってくれたりします。
でも、お互い初対面の人たちを残して、すぐに帰るという自由さも持ちます。笑
今日も授業後に楽器屋さんに連れて行ってくれたり、
ブログを書いている今も実は遊びに誘われているのですが。。。
今日の授業では誕生日が近い私のために、ワインを買ってきてくれたりします。
彼女は友達と遊ぶのが好きなようで、教室に入ってきた瞬間に、
今日は相当疲れているな。。。とかがわかるようになってきました。


友達との間に壁を持たない彼女から、いろんなことを学びたいなと思います。


最近、少しずつ、オーストリア人と飲むことに慣れてきた私は、
オーストリア人とカナダ人との文化の違いを若干感じます。
例えば聞く音楽のタイプとか。話す内容とか。
家に帰って、旦那と文化の違いについて話すのも楽しい時間です。
そして、友達が少なかった私にとって、
遊びに誘ってくれることは相当嬉しいことなのです。
英語も上手ではなかったので、コミュニケーションがとれず、
クラスでは劣等感ばかり感じていたのですが、徐々に友達が増えて、
ますますウィーンでの生活が充実していっている気がします。


もっと充実のためドイツ語がんばります。


以上