海外に住むと困ること① 皮膚科編

海外に住んで困ることは、自分に合ったお医者さんを見つけることです。


私は小さい頃からアトピー持ちで、
日本の地元にはアトピーにとてもいい皮膚科があったのですが、
ウィーンでの皮膚科について知識がまったくなく、
どこに行けばいいか全然わかりません。


日本では乾燥する時期の冬にいつもアトピーがひどくなっていたのですが、
ウィーンではなぜか、5月6月にかけてひどくなってきました。
日本から持ってきた飲み薬と塗り薬で今はちょっとずつよくなってきたので、
行かなくてもいいかなと思いますが。次いつひどくなるかわからないので、
早めに自分に合う皮膚科を見つけたほうが良いだろうと思い、
とりあえず、今日は英語のクラスメイトに教えてもらった皮膚科に行ってきます。
ここはとりあえず保険がきくので、いってみることに。
日本は特にアトピー人口が多いので、アトピーに対する医療は、
進んでいるという認識ですが、オーストリアはどうなのでしょうか。
いい薬を貰えると安心ですが。
とりあえず、今飲んでいる薬の名前などを、メモしていこうと思います。


ドイツ語の先生もいい皮膚科を知っているので、教えてもらう予定ですが、
そこは保険がきかない?ので50ユーロぐらい払わなければならないみたいです。



皮膚科についていい情報がございましたら教えて頂きたいです。


以上




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。